異常に安いDDPSのVPSを契約してみた

今使っているサーバーはConohaの1GBプランなのだが、どうにも同じくらいの値段でメモリ4GBのサービスがあると聞いて試しに契約してみた

※今回契約したのは日本鯖ではなくサンノゼ鯖

登録~

登録直後に契約・支払いをしたものの、約一ヶ月の間うんともすんとも言わなかった

サイト上からは何度か問い合わせたものの応答がない

ついにはサービスの状態は保留中なのに翌月分の料金が引き落とされたのでTwitterで問い合わせたところシステムの不具合で問い合わせを一切確認できていなかったらしい

状態が保留中でも問答無用で請求書を送ってくる上、保留中は解約もできないので、そうなった場合はTwitterで問い合わせるのが正解だと思う

利用開始~

Twitterで問い合わせた後、ようやくサーバーの情報が送られてきた

初期でインストールされているOSはUbuntu 18.04だった

とりあえず送られてきた情報をもとにsshをつないでみるもどうにも動作が不安定だった

とくに、システムのアップデートなどを行うと応答が遅くなったり接続が切断されたりした

兎にも角にも不安定でアップデート実行中にサーバーから切断され、何度かOSを再インストールする羽目になった

万が一起動不可能になった場合、一応レスキューモードというものがあるため対処することは可能だが使い勝手がいいとは言い難い

OSインストール~

インストール可能なOS
CentosやUbuntuは複数のバージョンから選択できる

選択肢に無いOSはインストール不可能だった

一応ISOをアップロードして、インストーラーを起動することはできるのだが、直接操作するすべがないため、SSHを使うことができないインストーラーを操作することができない

最初はAlmaLinuxを入れようかと考えていたが、無理だったため、Centosをインストールし、あとからAlmaLinuxに移行することにした

アプリケーションという項目があり、プリセットをインストールすることができるのだが、提供されているプリセットはLAMPのみだった

運用開始~

先程も述べたがこのサーバーはSSHが不安定で安定して使うことが難しい

また、コマンドの応答が妙に遅く、Nginx+phpという比較的軽い構成でも遅延を感じるほどだった

phpinfo()を実行した結果(上Conoha・下DDPS)

ベンチマーク他

物理的に距離が遠いことを考慮してもおそすぎると感じたため、とりあえずUnixBenchを走らせてみた

詳細な結果は下に記載しておくので各自検証してほしいのだが、シングルコア性能では約5倍、マルチコア性能でも約4倍の差をつけてConohaが圧勝していた

UnixBenchの結果(左Conoha・右DDPS)

次にdiskspdも試してみた

なお、試すついでにビルド及びインストールの計測も行ってみたので参考までにどうぞ

diskspdのビルド/インストールの結果(左Conoha・右DDPS)
time diskspd -c1G -Zr -b1M -d5 -o8 -t1 -W0 -Sd -w0 -L /root/testfileの結果
(左Conoha・右DDPS)

一応DDPSはRAID10のSSDを使っていると謳っているが、実際のところ、CPUに足を引っ張られているのだと思われる

さて、ここまで見てきて疑問に思った人もいるのではないだろうか

なぜコア数で勝っているDDPSがConohaに負けるのか

その答えはVPSに使われているCPUにある

これは先程のUnixBenchのログで高さの都合上カットした部分だ

Conohaは第5世代のE5-2640 v4を使っているのに対しDDPSは第3世代のE3(詳細は不明)を使っているため、おそらく原因はこれだろう

また、CPUクロックも1.7GHzに制限されているため、実用性がなさすぎる

一応日本の場合は3GHz以上クロックが出るらしいのでもし検討しているのであれば日本を選択するのが正解だろう

まとめ

日本鯖は契約していないのではっきりと言えないが、サンノゼ鯖は確実に使い物にならないのでやめたほうがいい

投稿日:
カテゴリー: PC全般VPS

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。